にんにくの色々な保存方法

一押し記事 にんにくのはちみつ漬
二押し記事 にんにく卵黄

にんにくの色々な保存方法

にんにくは色々な保存方法がありますが、オススメなのがはちみつ漬けです。

皮を剥いて縦半分に切ったら芯を取って、水分をよく拭き取ります。

それを広口瓶に入れて蜂蜜を注ぎます。

はちみつが結晶化していて白濁していたりしませんか?

はちみつは気温が下がると普通に白くにごります。

これはブドウ糖が固まるためで、冬になっても白濁しないはちみつよりは自然です。

結晶化し白濁したはちみつがあるなら、溶かしたついでににんにくを保存してみませんか?

結晶化したはちみつは、容器ごと大きななべに入れます。

そこで45度程度のお湯で溶かすのがベストです。

あまり長時間高温で加熱すると色が濃くなり、香りが飛んでしまうので注意してください。

はちみつが溶けてきたらスプーンなどでゆっくりかき混ぜましょう。

溶けたはちみつをにんにくが入った広口瓶に入れていきます。

にんにくが全部はちみつに漬かると、にんにくが空気に触れませんのでにんにくの酸化がおこりません。

常温でも1年程度は保存できますから、便利ですよ。

注意するのは、白濁化したはちみつを使うときに、ちゃんと結晶を一度完全に溶かすこと、結晶が残っているとまた白濁してしまいます。

※健康に食を楽しむ為の歯の知識:矯正知識を身につける